3月5日(土)からの配信イベント

 

動画の配信は、5日(土)開始します!

楽しみにお待ちください!

 

イベント情報は、これからも随時更新します!

 

※それぞれのイベントは、今後外部サイトにリンクしていきます。

 

・13日(日)15:30~16:00

  フィナーレ

 『大宮アルディージャ手話応援&みんなでダンス!』

      群青(YOASOBI)のオリジナル振り付け、公開開始!

    練習して、本番で一緒に踊ろう♪♪

おうちで作ろう!カンタン本づくり!

 

紙とはさみがあれば、おうちで、かんたんに本がつくれちゃう!

かわいいオオリジナルキャラクター「ムスピィ」といっしょに、みんなもやってみよう♪

 

ペーパークラフトがダウンロードできるサイトの紹介もあるよ♪

 

5分ほどのコンパクトで楽しい動画です♪♪ぜひ、アクセスしてね! 

(望月印刷  絆アベニュー)

教えて!ユニセフ先生

 

「ユニセフ先生」の特別授業に、ようこそ!

ふだん、みなさんの学校におじゃましているユニセフ先生が、 世界のさまざまなところで暮らしている子どもたちを紹介します。みなさん、 いっしょに、世界の子どもたちのようすを見に行きましょう! 子どもたちが、世界でどんな問題に直面しているのか、知ってもらえたらうれしいです。

                                 (埼玉県ユニセフ協会)

それでも、力いっぱい生きる~紛争で片足をうしなったサジャさんの夢~」

 

ソマリア、南スーダン、中央アフリカ、シリア、アフガニスタン… 世界中で、戦争や紛争が続いています。 それでも多くの子どもたちは、未来を夢見ながら、力いっぱい生きています。 今年で 9 年目を迎えるシリアの紛争。 多くの子どもたちが、ある日突然、日常をうばわれました。 爆弾で片足をうしなった 13 歳のサジャさん。 将来の夢は、体操のコーチになることです。

「水を求め、灼熱(しゃくねつ)の大地を… ~13 歳、アイシャさんの一日~」

 

みなさんは、毎日、どれくらいの量の水を使っていますか? アフリカ・エチオピア。国境近くの村に住むアイシャさんの家には、水道がありません。 井戸も池も川も、近所にはありません。 でも水は、人が生きてゆくために欠かすことができないもの。 アイシャさんが、家族のためにやっていることは何でしょう。 そして、そのために、アイシャさんは何をうしなっているのでしょうか。

「命と成長に欠かせない栄養~栄養不良から回復したアデュちゃん~」

 

5 歳のたんじょう日をむかえる前に命をうしなう子どもは、1 年間に 530 万人。 その死の多くが、げりや、かぜをこじらせた肺炎などの病気が原因です。 ふだんから栄養が足りていない「栄養不良」が、病気とたたかう力や病気から 回復する力をうばっているのです。 1歳6か月でとても重い栄養不良になってしまった、アフリカ・南スーダンのアデュち ゃん。 その命を守ったのは、とても簡単に食べられ、ねだんも高くない“ミラクルフー ド”でした

「学ぶことをあきらめたくない~ロヒンギャ難民のラシェッド君~」

 

「難民」や「避難民」という言葉を聞いたことがありますか? ラシェッド君は、ミャンマーのロヒンギャと呼ばれる民族の出身です。 暮らしていた村は攻撃を受けて焼かれ、多くの人が殺されました。 命からがら、となりの国、バングラデシュまで逃げて、ラシェッド君は、難民となりま した。 いまはバングラデシュで、電気も水道もない、かりごしらえの家で暮らしています。 ミャンマーで学校に通っていたラシェッド君。家族を支えながら、 「人生を台無しにしたくない」と話すラシェッド君の一番の願いは何でしょう

絵本「ユニセフとえがおのひみつ    読み聞かせ /日本ユニセフ協会子どもと先生の広場 

 

 

家に水道がなくて、毎日水を汲みに行くディアナちゃん、争いから逃げて難民になったモ ンズールくんなど、実在する子どもたちをモデルに、世界の子どもたちの現状やユニセフ 募金がどのような支援につながっているのかを学べる絵本「ユニセフとえがおのひみつ」

あなたはどんな未来をえがきますか?~SDGs が生まれた背景とこれから~

                                                                                                        /日本ユニセフ協会子どもと先生の広場